小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

(2018年8月に散歩)

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

塩沢から移動中。
さすが新潟米どころだな。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

さて着いた。
小千谷駅。
小千谷は大きな地震があった、新潟中越地震だ(2004年)。
最大震度7!余震で震度5以上18回・・・。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

駅前風景・・・そうきたか。
小千谷は錦鯉の原産地。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

ほ〜こうなるのか!鯉の口の中。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

人がいない・・・"(-""-)"

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

そうか、小千谷は新潟で長岡藩だ。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

あち〜な。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

自転車と錦鯉は左側を!

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

信濃川。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

錦鯉♪

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

着ちゃいましたよ、歴史の大舞台へ。
その前にこちらをみてもらおう。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

小千谷談判を知っているだろうか。
幕末長岡藩は藩論が薩長を中心とした新政府側につくか、徳川につくか
なかなか決まらなかった。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

その話のまえにお参りを。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

お〜はじめてみた木鼻の獏ですわ。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

ここが、小千谷談判のその場所。
歴史が動いた場所だ。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

ここだ。
長岡藩家老上席・河井継之助は会津へ向けて軍をすすめる土佐藩岩村精一郎と会談。

岩村精一郎はこれまで進軍して来た際の信州諸藩の家老がしょぼかった(本人談)ので
次にでてきたさらに小藩の家老など見下していたようだ。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

長岡藩の中立と会津藩との仲介を申し出たが
岩村は時間稼ぎをしていると思った(本人談)。

河井は岩村では話にならないとおもったのか黒田への取次を迫ったが
岩村は相手にしなかった。

たしかに河井は当時無名だったのだ。
そして岩村にはその人物をみる目がなかったようだ。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩
<左が河井>

河井は鳥羽・伏見の戦いが始まったとき大阪にいたが
急ぎ江戸へ戻り藩主を返し、江戸にあった資産をすべて売却。
暴落した江戸の米を函館にいって売り、そのほか為替差益なども利用して軍資金をつくり
アームストロング砲、ガトリング砲(機関銃)、エンフィールド銃、スナイドル銃、シャープス銃など
最新式の武器をもって長岡へ帰還。
結果だけみてもとんでもなく頭がいい、交渉力、実行力もあったのは間違いない。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

この地図は攻め上る南側から描かれており
新政府軍のものだと思われる。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

“官軍”とあるか・・・“同盟軍”か、会津、米沢がはいり奥羽列藩同盟だからね。
それと時系列をおっているところをみると後日の報告書のたぐいか。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

今度は“西軍”とある、佐幕派は官軍とは書かない、自分たちこそ官軍であるからだ。
そこで会津でもそうだが、“西軍”とする。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

さて興奮冷めないが、錦鯉をみにいこう。
この角度になっているのは雪国だからか。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

もう少し気を引き締めたほうが・・・。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

夜は通りたくないな・・・。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

ここだ、錦鯉の里。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

お〜元気!お子ちゃまがエサあげた。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

魚魚(ぎょぎょ)〜ご立派、いったいいくらするんだろう・・・などとついつい。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

みててあきないが、お腹がへった・・・。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

暑いので塩ラーメン、これがうまかった。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

再び、小千谷駅。

小千谷を散歩|錦鯉の原産地・河井継之助の小千谷談判慈眼寺を散歩

さて、宮内へ。



暑い中、歩いたわ〜。
信濃川の渡るまでたいへんたいへん(>_<)/

関連ページ

直江津散歩|港町・直江津の地元グルメはラーメンと義経伝説
直江津を散歩、初めてかな港町を歩きました。ひと通りすくない街ですがグルメのラーメンあり。直江津は静かな港町。直江津の観光は散歩と義経伝説にあり。兜池は義経が兜を捨てた場所。japan sightseeing ishikawaken kanazawa
上越高田を散歩|高田といえば桜ですが今回は高田城下町寺町を散歩
上越高田を散歩。高田は徳川家康六男が始祖で松平家。高田城といえば桜が有名ですが、今回は桜ではなく城下町と寺町を散歩。高田の散歩・観光・グルメをたくさんのオリジナル写真で紹介します。
塩沢宿を散歩|上杉謙信も通った夏の三国(みくに)街道・塩沢宿散歩
塩沢宿を散歩。新潟県塩沢宿は三国街道の宿場町。三国街道はあの上杉謙信が遠征で使った道。だから塩沢宿でもきっと休憩などしたでしょうね。塩沢宿をたくさんのオリジナル写真で紹介します。